物流用語辞典

物流倉庫とは

物流倉庫とは、商品が生産者から消費者の元へと届くまでの過程の中で、仕訳してからの貯蔵・保管・配送などの過程を行なう「施設」を指す。

かつての物流倉庫は、あくまで商品の保管・貯蔵のみを目的とした一般的に知られる倉庫を指していたが、
現在はコンピューターシステムを用いて効率的な仕分けや商品管理・在庫管理・配送などのサービスが行われている。

物流倉庫には、用途に合った設備や形式が備わった幅広い種類が存在し、代表的なのが(普通倉庫・野積倉庫・貯蔵槽倉庫・危険品倉庫)などである。
一般的によく知られる建屋型をした営業倉庫で、日用品・食品・電気機械まで幅広いジャンルのものが保管される(法律上では1類~3類に分けられる)

野積倉庫
自動車・木材などのように屋外に保管しても特に差し支えない物品を保管する倉庫
(法律上では4類に分けられる)

貯蔵槽倉庫
バラ状or液状貨物を保管する倉庫であり、タンク・サイロなどが相当する。
(法律上では6類に分けられる)

危険品倉庫
消防法で危険物に指定される物品を補完する倉庫
(法律上では7類に分けられる)

〇株式会社低温の物流倉庫では

株式会社低温では、物流倉庫の中でも冷凍倉庫・冷蔵倉庫に特化しており、低温の商品を取り扱っております。

詳しいサービス内容はコチラ!

倉庫の規模は2019年時点で2拠点あり、冷凍庫の広さは1050坪、冷蔵庫の広さは960坪御座います。

冷凍倉庫内の保管スペースです。

当社の倉庫の特徴としまして、においのする商品をほとんどお預かりしておらず、においがしない倉庫です。
商品は主に市販の冷凍食品や冷蔵食品、また業務用の冷凍食品もお預かりしております。
最近は、近隣のケーキ屋さんにご利用頂く事も増えてきており、バームクーヘンや、ロールケーキの生地などもお預かりしており、
パレットや棚に商品を保管して、入庫管理・在庫管理・出庫管理を行ってます。

近年、ネット通販の需要も増えてきており、また温度帯も冷凍での出荷を要望するお客様が多いので、
株式会社低温では、小ロットの商品管理や、多品種のアイテムにも対応したノウハウが御座います。

物流でお悩みの企業様が数多くおられると思います。
是非一度、お気軽に株式会社低温までお問い合わせ下さい。

~冷凍・冷蔵の物流専門会社~
在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!