物流用語辞典
株式会社低温のロゴを商標登録しました

物流コストの削減とは

企業としての利益アップのためにとても重要な部分であるが、物流コストは見えにくく分かりにくいものである為、把握&削減が難しい。

逆を言えば、把握&削減をしっかり行うことで大幅な利益アップに繋がるものと言える。

物流コストには大きく分けて「支払形態別」「物流プロセス別」「機能別」に分類され、項目別の詳細は以下の通りである。

 

「支払形態別」

・支払い物流コスト(輸配送費や事務費の外注分、倉庫のレンタル料など)

・社内物流コスト(社内におけるシステム運用費、人件費など)

 

「物流プロセス別」

・調達物流費(原材料の調達にかかる費用)

・社内物流費(社内業務内の物流費用)

・販売物流費(製品販売にかかる費用)

 

「機能別」

・輸送費(チャーター機・宅配事業者・自社便・航空便・上輸送それぞれにかかる運賃、他者と提携した共同配送便や複数の宛先あてのルート配送便など)

・保管費(保管場所の賃借費、保管商品の管理費、在庫管理や入出庫のかかる費用)

・荷役費(倉庫や物流センターから荷物を入出荷する際に発生するコスト(入庫費、出庫費、梱包費、流通加工費、輸出諸経費))

・物流管理人件費(部通流を管理するための人件費で、社内物流費や調達物流費がこれに含まれる)

 

物流コストの削減には以下のような方法が挙げられる。

 

倉庫内作業のルール明確化(整理・整頓・清掃・清潔・しつけからなる「5S活動」など)

→倉庫内作業における作業担当者や工程&納品要件などを可視化することにより無駄をなくすことができる。

 

・物流管理システムの導入

→様々な工程をシステムによって自動で一元管理することでヒューマンエラーを減らせる、管理が効率的になる、データを元に分析ができるなどのメリットがある。

ただし、システム導入により別途費用(保守管理費)も発生することも考慮しなければならない。

 

また、自社内での対応が難しい際には、物流業務自体をアウトソーシング(外部委託)することも一つである。


~冷凍・冷蔵の物流専門会社~
在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!