物流用語辞典
株式会社低温のロゴを商標登録しました

仕分けとは

物流現場において倉庫内の荷物を決められたルールに従って仕分けしていくプロセスのことを言う。このプロセスをいかに効率的にミスなく行えるかが物流現場においては非常に重要となっている。

仕分けに用いられるシステムは以下のようなものが挙げられる。

 

・ハンディアソートシステム

(Handy Assort System:略称 HAS)

対象となる商品のバーコードをスキャンして、表示される情報を元に仕分けしていく方法である。これは、ピッキング作業の中で最も基本的なものである。

 

・デジタルアソートシステム

(Digital Assort System:略称 DAS)

さらに改良したデジタルアソートシステムは、商品を「ハンディターミナル」でスキャンして仕分けに必要な情報を表示すると同時に、その先にある「デジタル表示器」に商品の投入数を反映させ、それに従って商品を仕分けボックスに投入&点滅ボタンを押して次の作業にうつる、というものである。

メリットは以下のようなものが挙げられる。

品知識のない初心者でも明確な情報を元にすぐに作業できる

・デジタル表示された数字で入れ間違い防止に繋がる

 

・ゲートアソートシステム

(Gate Assort System:略称 GAS)

さらに改良が進んだゲートアソートシステムは、商品のバーコードをスキャンすると仕分けボックスの自動開閉ゲートが「一つだけ」開き、

そこにあるデジタル表示器に表示された投入数を入れたら、足元のスイッチでゲートを閉じるという流れになっている。

これに加えて、投入完了時に合図が鳴るような、聴覚的にミスを防げるシステムもある。

簡潔に言うならば、ゲートアソートシステムは、デジタルアソートシステムにプラスして入れ間違い防止の蓋がついたものと言い換えることができる。

このメリットは、以下のようになる。

・一つの商品に対して一つのゲートのみ開く仕組みとなっているため、仕分けと並行して検品も行うことができる

初心者でも「どこに・何を・何個」入れれば良いのかが明確なため、ミス軽減に繋がる

・システムの移設&増設が安易

仕分け作業は、いかに「効率的に・ミスなく」行えるかが非常に大事なポイントである。



~冷凍・冷蔵の物流専門会社~
在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!