物流用語辞典
自動倉庫内部の商品を保管しています

自動倉庫システムとは

自動倉庫システムとは、部材や荷物を荷棚(スタッカーラック)に収納して、製品を受け入れて保管→出荷するまでの流れをコンピューターを用いて一元管理できる倉庫のことである。
自動倉庫システムを導入するためには、様々なものを配備・構築しなければならないため、大掛かりなものとなる。(スタッカークレーン・制御装置・在庫管理装置・倉庫ごとにマッチした管理システムなど)

 

自動倉庫システムの種類は、さらに以下のような分類が挙げられる。
・バケット型の自動倉庫
形が不揃いの製品などを小型バケット内に収納・保管できる自動倉庫。
・パレット型の自動倉庫
製品・部材をパレット単位で高層ラックなどに保管する自動倉庫で、縦空間を有効活用することができる。
・フリーサイズ型の自動倉庫
コンテナ・トレイ・段ボールケースなど、形状or重量に縛られることなく収納できる自動倉庫。
・移動棚(ムービングラック)型の自動倉庫
棚自体を移動台車に載せることで密集保管ができる自動倉庫。自動倉庫システム導入によるメリット・デメリットは以下の通りである。

自動倉庫より出荷している様子です

自動倉庫システムのメリット

・作業員の負担軽減
・ヒューマンエラーの削減
・作業の効率化
・倉庫スペースの有効活用
・物流品質の保持

自動倉庫システムのデメリット

・イニシャルコストの負担が大きい
・荷主がある程度固定されてしまう
・季節変動への要対応
・機械トラブルやシステム障害への要対応
このようにメリットも大きい反面、特にイニシャルコスト面の負担が大きいため中々導入に踏み切れない場合もあるが、

導入後には大きなコストカットが可能となるため、しっかりと比較検討をすることが大切である。

〇株式会社の自動倉庫システムでは

当社ではパレット型の自動倉庫を採用しており 1300枚のパレットを保管することが可能となっております。
冷凍庫に直接入り在庫をピッキングする場合、作業者の体が冷えてしまい長時間作業が出来ず適度に休憩を取る必要があるが、自動倉庫の場合パレット単位で作業場である冷蔵室に運ばれてくるため休憩の時間を減らすことが出来ます

またピッキングの精度も冷凍庫内と、冷蔵庫内で大きく変わります。

自動倉庫へフォークリフトで入荷しています

在庫保管がデータで可能となり商品の乗っているパレットを呼び出せるため在庫の確認や出荷がスムーズに行える、さらに作業者が冷凍庫に出入りせず必要な場合のみ冷凍庫が開閉する為冷凍庫温度が保たれ品質が保持される

先入れ先出しで商品が出せるので、出庫順番をデジタル上で自動で行えるのは、作業的にも品質的にも向上されております。

商品知識がなくても、商品を出庫出来るので、特定の人以外も、操作方法が分かれば出庫作業が出来るので、人に仕事がつかない環境にもなっております。


 

~冷凍・冷蔵の物流専門会社~
在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!