物流用語辞典
株式会社低温のロゴを商標登録しました

物流システムとは

物流の中の輸送・保管・荷役・包装・流通加工・情報という6つの基本となる活動について、それぞれの効率化・最適化を目的としたシステムのことを表す。

物流システムは、6つの基本活動に対して個別でソフトを導入するだけでは効率化・最適化は実現しづらく、全体をトータルでサポートしていくことが大切であるため、

現状の課題やシステム導入によりどう解決していくかなどを具体化して話を進めていく必要がある。

物流システムの具体的な種類は以下の通りである。

配送管理システム
出荷から配送完了までの過程を監視&管理しながら配送状況を可視化していくもので、導入によって配送状況や配送時間変更などにも柔軟&迅速に対応していくことが可能となる。
倉庫管理システム(WMS=Warehouse Management System)
商品・資材などの在庫管理に活用するシステムで、在庫状況・出庫状況・入庫状況を足し算引き算を用いて把握してくものである。
これの導入によって、入出庫の際の商品違いなどのヒューマンエラーを解消することができる。
マテリアルハンドリングシステム
物の運搬における様々なタイミングで、その過程を合理化し経済性や生産性の向上を目的としたシステム。
代表的な具体例は、保管の効率化のためのスペース見直しや、ピッキングの効率化のためのロケーション見直しなどである。
ピッキングシステム
ピッキングという過程の効率化と確実性アップを図るためのシステムで、ハンディーターミナルなどを用いた商品管理などが挙げられる。
在庫管理システム
従来一般的だった紙による在庫管理の業務負担や確実性の低さを改善するためのシステムで、在庫管理をシステム化することで在庫状況の最適化を図ることが可能となる。
物流情報システム
上記システムの総合的なもので、物流における全体を見て効率化を図ることができるシステムである。
物流ロボットシステム
物流の全過程におけるロボット化や自動化を図るためのシステム。

上記のように物流システムは様々な種類があり、それぞれに活用目的が異なる。


~冷凍・冷蔵の物流専門会社~
在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!