物流用語辞典
株式会社低温のロゴを商標登録しました

循環棚卸とは

在庫の種類や場所などを限定し、日ごとに分けて棚卸しを行っていく方法である。

 

循環棚卸に対して、一斉に全ての在庫を棚卸する方法を一斉棚卸という。

 

循環棚卸は、一般的にコンビニなどの小売店で採用されている方法である。入出庫のたびに商品をスキャンしながらカウントを行い、全体の個数変動を一元管理する。よって、循環棚卸を行うのは、高度なシステム化が可能な企業であるということがいえる。

 

循環棚卸のメリットとは

■業務を止めることなく棚卸が行える

一斉棚卸のように店を休んで業務を完全に止めて行う必要がないため、一日分の売上がマイナスになるようなこともない。また、一度に大量の在庫をカウントするような負担もないため、少人数で少しずつ進めていくことができる。従業員数が少ない企業でも行える方法である。

 

循環棚卸のデメリットとは

■手作業で行う場合は精度が低くなりがち

循環棚卸には、正確なカウントが行えるようなデータ管理システムの導入が必要になる。手作業で行うことも可能ではあるが、精度が低くならないように注意が必要である。また、営業を続けながら棚卸を行うため、全ての棚卸が完了するまでの間で、最初と最後に行った棚の期間に大きなズレが生じやすい。

 

■全ての棚卸が終わるまでの期間が長く別途人員が必要となる

一斉棚卸と異なり、少しずつ作業を進めていく循環棚卸は期間が長くなる。その間、別途棚卸作業を行うための人員が必要となるため、本業の方で人員不足による作業負担もデメリットとなる。

 

 

循環棚卸を行う際には、棚卸を行っている棚の作業が完了するまで、入出庫を止めて在庫数の変動がないように注意しなければならない。

 

循環棚卸と一斉棚卸ではそれぞれメリットデメリットが異なるため、進め方をきちんと理解しながら、自社に合った方法を選ぶ必要がある。

~冷凍・冷蔵の物流専門会社~
在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!