物流用語辞典
冷凍配送を行っているトラック、車両です。

冷凍配送とは

冷凍配送とは、商品ごとに求められる適切な温度帯(3温度帯=チルド・冷凍・常温)の中でも「冷凍状態(-15℃以下)」を保ちながら専用の設備が整った冷凍車によって商品を配送するものである。

一般的に知られるものでは、チルドゆうパックやクール宅急便、飛脚クール便などが分かりやすい例である。

冷凍配送が求められる商品には例えば、冷凍食品・アイスクリーム・畜肉・魚介類などがある。

これらは、一度溶けてしまうと元の品質に戻ることは難しいため、徹底的な温度管理が必要となるが、それには専門の知識やノウハウ、設備が必要となる。

冷凍配送を行っている発送代行業者には様々なものがあるが、料金・サービスの品質など特徴がそれぞれある。

例えば、独自サイトを立ち上げてのサービス提供・全国規模のネットワークを駆使してのサービス提供・好立地条件を生かしたフットワークの軽さなどの違いが挙げられる。

また、冷凍配送に用いられる冷凍車には主に2種類のものがあり、一般的なものはエンジンにコンプレッサーを装着したタイプ、もう一つは車用のエンジンとは別にエンジンや発電機を搭載したものである。前者はエンジンを切ることができずにアイドリングを行いながらの作業となり、後者はエンジンを切りながらの作業も可能である。

〇株式会社低温の冷凍配送とは

冷凍食品・冷蔵食品の物流に特化した株式会社低温では、冷凍車に積み込む前の状態として、入荷後の検品冷凍庫への格納15分以内で完了する事をルールとし、商品の解凍、劣化を防止しております。

冷凍食品は入荷後、速やかに格納してます

又積み込み時は、直前に冷凍庫から搬出するようにしています。

当然積み込み場所は冷蔵庫内で、車両の庫内温度も-5℃まで予冷を完了してから積み込み開始のルールを決めて徹底した温度管理を行っています。

冷凍配送車両には毛布を積んでおり、外気温の影響を受けないようにしてます

配送時はお届け先に到着した時点の温度確認をして日報に記載し、速やかにお渡しするように心がけ、雨天時や高気温時には毛布を掛けてお預かりした状態でお届けできるように全車に毛布を常備して、お客様にご満足いただけるように努めています。

簡単な単純なルールを遵守することで高品質を維持できるように、従業員一同徹底して実践しています。

 

~冷凍・冷蔵の物流専門会社~
在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!