物流用語辞典

EC物流とは

EC物流とは、インターネットによるデータ通信を用いた取引のことを指す。
(ECとは「Electronic Commerce」の略称で、訳すとインターネットを介した商品売買という意味である)

EC物流は、これからのECサイト運営で非常に大きな役割を果たす。ECの特徴として、入荷する商品数は少ないが、その分バリエーションが豊富であることが挙げられる。
商品の保管は棚で行われ、バーコード活用により「ロケーション管理」が用いられる。ピッキングは注文ごとに行う「シングルピッキング」が用いられる。

物流には商品の「配送・保管や包装・物流情報処理」など多岐にわたる業務が含まれる。
中でもEC物流は以下の流れで行われる。
入荷→検品→保管→ピッキング→梱包→出荷

出荷(配送)業務には宅配便が活用されることが多く、コンビニ受け取り・電子ロッカー保管などが挙げられる。そこで重要なのが、指定時間に間に合うように出荷することである。
ピッキングや梱包など、出荷に向けた作業を行う上で、一件当たりの配送量は少ないものの、その分件数が多いため、いかに効率的な作業が行えるかということが大事である。
また、商品の情報管理もEC物流に含まれ、多くのECで商品管理がシステム化されて行われるため、適切な情報連携が必要不可欠となる。
梱包した商品にチラシを同封できます。

〇株式会社低温のEC物流では

 

株式会社低温では、EC物流のサービスを行っております。

皆さんは、ネットで買い物をされる事は御座いますか。

最近はほとんどの人が一度は購入した事があるのではと思います。

株式会社低温では、ネット通販で購入された方へ冷凍食品や、冷蔵食品を発送する発送代行サービスが御座います。

詳しいサービス内容はコチラ!

注文者が、注文された商品を梱包して出荷します。
一般の方が購入される場合は、冷凍庫や冷蔵庫に入る量が限られてきますので、細かくピッキングするケースが多いです。
ピッキングに関しまして、WMSを用いて出荷作業を行いますのでバーコードをハンディでスキャンして出荷間違いを防ぎ、また在庫管理もさせて頂きます。
ネット通販はお客様ごとに、様々な要望があるのも特徴です。 当社でご利用頂いているサービス例をいくつかご紹介します。梱包した商品に緩衝材を入れれます

〇緩衝材を使用して、商品破損を防ぐ。
〇ドライアイスを同梱して、商品の解凍を防ぎます。
〇商品サイズに合わせた段ボールや発泡スチロールの資材をご用意します。
〇段ボールに、印字やマークを入れる事が可能です。
〇リーフレットチラシなどを同梱する事が可能です。

まだまだ、他にもお客様ごとに違う要望が御座います。お客様の要望に沿ったご提案を物流コーディネートさせて頂きますので、お気軽に株式会社低温までお問い合わせ下さい。

~冷凍・冷蔵の物流専門会社~
在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!