物流用語辞典

発送代行とは

発送代行とは、読んで字のごとく発送業務を業者や個人に頼んで代行してもらうサービスである。

一言で発送業務といっても、発送のみを代行してもらうサービスもあれば、出荷発送までの作業(入荷後の検品・保管・ピッキング)まで一貫して代行してもらうサービスもある

発送代行業者のサービス内容や、料金体系、発送可能数、オプションの充実具合などは、業者によって様々なので、事前によく確認することが必要である。

発送代行のメリット

発送分野に長けたプロに委託することで、専門の設備や仕組み、ノウハウを持って作業に取り掛かってもらうことができるため、大量発送しなければならない場合でも品質を落とさずスピーディーに行うことができます。

また、発送業務に割いていた人員や時間を商品開発や販促企画などに使うことができるため一石二鳥である。
更には、商品によっては大量発送が必要なシーズンが通年で一定期間に限られる場合、逆にその作業が少ない期間もあることから生まれる人件費の点での非効率を、その期間だけ他に代行してもらうことで、無駄をなくすことが可能となる。

発送代行のデメリット

他社に頼むということは、商品の保管場所が手元ではなくなるということである。

もし何らかのトラブルや事情により商品を確認したい場合でも、すぐに確認しに行ける距離に保管場所がないという可能がでてくる。

〇株式会社低温の発送代行では

お客様のご要望にお応えするには、大前提として消費者が発注された商品が間違いなくお届けされることとなります。

ですので株式会社低温では出来るだけデジタル(端末機)で管理します。デジタルで管理する事で、簡単なルールさえ守って業務にあたって頂くと、新しく入った作業員でもミスなく出荷する事が出来ます。

出荷件数が日によって違ったり、商品を保管したり管理したりするスペースがないお客様が当社を利用して頂いております。

商品の保管や出荷を代行する事により、お客様は営業に集中して頂く事が可能となります。

~冷凍・冷蔵の物流専門会社~
在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!