物流用語辞典
株式会社低温のロゴを商標登録しました

残荷とは

物流の世界で使われる用語で、倉庫に何らかの原因によって商品が残ってしまっている状態を意味する。

このような状態を残荷事故ともいうが、これには2つのパターンがある。

その日出荷すべき商品を輸送業者に引き渡すことができていないため倉庫に残っている場合と、その日出荷すべき商品を輸送業者が倉庫に置いたままにしてしまった場合である。

残荷という事態が起こってしまうと、正しい日時通りに顧客へ商品を届けることができなくなってしまう。

残荷という事態を防ぐためには、チェックという作業が必要不可欠である。

チェック作業は出荷作業が終わった後に行うが、商品棚や梱包台ごとに担当者を決めて声出し&指差し確認を行う・残荷はあるものだと思って確認をする・チェックリストを併用することが大事なポイントである。

このようなチェック作業に用いられるチェックリストには様々なシステムがある。



~冷凍・冷蔵の物流専門会社~
在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!