物流用語辞典
株式会社低温のロゴを商標登録しました

保管とは

商品を預かり、一定の場所で数量や品質を管理する過程のことを示す。

保管とは、商品が生産されてから販売されるまでのタイムラグを解消し、市場に安定的に供給を行う需給調整機能を担う。

保管においては正確な商品管理が求められるため、SKUなどの単位を用いることが大切である。

また、商品の価値を維持するという点で、生鮮品を適切な保管機能を持つ冷凍冷蔵倉庫などで保管することも重要な役割だと言える。

保管という過程は、商品の入庫完了後(在庫計上後)から始まる。ロケーション番号ごとの数量登録が完了すると、ロケーション別・商品別の数量確認が可能となり保管料も発生する。

物流においての保管の最大の役割は、商品を単に預かるだけでなく、いつでも出荷できる状態で保管することにある。

クライアントにとって大切な商品を預かることになるため、正しくきれいな保管状態を保つ必要がある。

以上のことから、作業効率と保管効率は相反する位置づけにあることも踏まえ、出荷頻度が高いものは作業効率を優先し、

出荷頻度が低く長期間にわたり保管が必要となるものは保管効率を優先することになる。

~冷凍・冷蔵の物流専門会社~
在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!