物流用語辞典
株式会社低温のロゴを商標登録しました

配送センターとは

物流における輸送や配送(決まった地域やエリア内)の拠点となる場所のことである。利用対象はメーカーや卸売業、小売業などが該当する。

配送センターには様々な納品業者から商品が届く。その商品を検品し、納品先ごとに仕分けた後発送する作業が大まかな業務内容となっている。

物流の合理化を目的として、特にチェーン展開されている小売業などでは在庫管理も併用して行うことができる配送センターを置くことが多い。

配送と一言で言っても、その中でいくつかの機能に分けられる。

「輸送」

例えばA工場からB工場といった具合に商品を大量に運ぶことを言う。長距離移動を伴う点も特徴であり、一次輸送とも言う。

「配送」

一般消費者やコンビニなどの小売店など、複数の拠点へ荷物を運ぶことを言う。移動距離は短く複雑な流れとなっており小口の輸送が特徴的。二次輸送とも言う。

「運送」

トラックを用いての輸送や配送のことを言い、船舶や航空機での配送は運送とは異なる。

物流においては、いかに早く確実にエンドユーザーの元へ商品を届けられるかが重要であるため、配送センターの作業効率化は今後ますます求められるだろう。

~冷凍・冷蔵の物流専門会社~
在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!