物流用語辞典
株式会社低温のロゴを商標登録しました

流通加工とは

出荷の段階でサイズが大きかったり不均一だったりする製品や原材料を、出荷先での使い勝手を良くするために行われる加工作業を総じていうものである。

これは、消費者の利便性が高まることや、商品に付加価値が付くことなどのメリットがうまれることで、供給側の効率化に繋がる。

物流センターなどで行われる作業を指すのが一般的だが、具体的には、ビール工場内で行われる箱詰め作業や、食肉鮮魚などの小売店がバックヤードで行うパッケージなども含まれる。

その他には、板ガラスの検量やカッティング、商品を化粧箱へ詰めたり、荷札・値札付け、リボンを掛けたりする作業も流通加工に含まれる。

また、近年パソコンの組み立てといった作業も流通加工の一種として需要があることから、注目を集めている。

いかに効率的に大量かつ多品種の製品を製造できるかということが重要視される「工場」では、

商品の加工など細かな作業は非効率的となるため、あまり行われないのが一般的である。

よって、こうした「流通加工」という作業を物流センター・商品センターなど別の場所で行うのが効率的である。



~冷凍・冷蔵の物流専門会社~
在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!