物流用語辞典
株式会社低温のロゴを商標登録しました

物流加工の種類とは

物流センターなどで商品に加工を加えることで、商品の利便性を高めたり付加価値を付け加えるための作業を「流通加工」というが、そんな流通加工には、「生産加工」と「販促加工」の二種類が存在する。

 

生産加工は、商品に対して直接的な加工や組み立てを行うもので、材料の加工・商品の組み立て・梱包・食品の切り分けなどが当てはまる。

 

販促加工は、商品に対して間接的に販促作業を行うもので、値札やラベル貼り・福袋作成などのセット組み・ハンガー掛け・食品の小分けや袋詰め・ギフト包装や熨斗の貼り付け・検針などが当てはまる。

 

流通加工で行われる作業には自動化が難しいものが多く、たくさんの人手を要する作業もある。

その多くは物流センターで行われるのが一般的だが、その他にもビール工場内で行われる箱詰め作業や、

食肉鮮魚などの小売店がバックヤードで行うパッケージなどといったものもあり、委託元のニーズに合わせてそれぞれ適した流通加工が行われる。

 

消費者は、欲しい・必要な商品を探し求めるのはもちろんのこと、それに加えて使いやすさや安心感も求めているため、

商品の信頼性や価値を高めつつ消費者からの信頼を得て売上向上につなげることができる「流通加工」は非常に重要な工程なのである。


~冷凍・冷蔵の物流専門会社~
在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!