物流用語辞典
株式会社低温のロゴを商標登録しました

物流とは

商品が消費者のもとに届くまで流れ、そこに含まれる全ての過程を表すものである。

その過程には、輸送・保管・荷役・流通加工・情報処理の6つの機能が挙げられ、これら全てが連携を取ることで消費者の元へ商品が届けられる。

物流においては、消費者へきちんと商品を届けることが最も重要であり、いくら良い商品であっても消費者の元に届かなければ、

また時間通りに届かなければ大きな損害をもたらす可能性もある。よって、企業の業績を考える上で、物流は欠かすことのできない存在なのである。

その過程をできる限りスムーズで無駄がないものにするために、物流を一元管理すること、これを物流用語では「ロジスティクス」と呼ぶ。

一昔前の物流は、「生産」と「流通」を分けて考えるのが一般的であったが、両方を合わせて考えることで効率よく情報収集ができるようになった。

物流の中の6つの過程については以下の通りである。

・輸配送

→商品を運ぶこと。輸送と配送を分けて呼ぶ場合もあり、輸送が空輸などを用いた長距離移動、配送がセンターから消費者の元へ運ぶ短距離移動のことを言う。

・保管

→商品ごとに異なる温度管理下の元で商品を一定期間保管すること。

・荷役

→商品の積み込みや荷降ろしなどの運送作業、物流センターにおける荷揃え~集荷までの一連の流れを指す。

・梱包/包装

→商品保護や商品の装飾を目的として商品を包む作業のこと。

・流通加工

→商品価値を高めるために行われるラッピングやラベル貼り作業のこと。

・情報システム

→物流の中の過程で生まれる様々な情報をシステム化して管理すること。


~冷凍・冷蔵の物流専門会社~
在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!