物流用語辞典
株式会社低温のロゴを商標登録しました

最小ロットとは

商品の受発注の際に用いられる単位(=ロット)の中でも、一度に生産可能(注文可能)な最小のロット数を表すものである。

ロットとは、一律の条件下において連続生産される製品のひとまとまり(もしくは一組)を表すもので、受発注する際の製品のまとまりを単位にしたものである。

さらに最小ロットという言葉が用いられるのには以下のような理由が挙げられる。

一つの製品を生産するには機械を使った製造ラインを利用することがほとんどであり、一度に一個という生産は不可能である。よって、一度に生産できる最小の数量や重さを「最小ロット」として設定することが必要になるのである。

つまり、最小ロットを設定することで以下のような効果がある。

・生産性向上

・コスト削減

・販売効率の向上

製品や製造業者によって、1ロットの数量や重量については様々であるため、利用者側は注意して取り引きを行うことが必要である。



~冷凍・冷蔵の物流専門会社~
在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!