物流用語辞典
在庫管理 保管スペース

在庫管理とは

その名の通り「在庫」を管理することである。

在庫とは、業種別に内容は異なり、製造業であれば部品や原材料、工程途中の半製品や完成品も含まれる。

小売業であれば商品が当てはまる。その定義をいうならば「現金化されるのを待っている物」となる。

在庫管理では、取り扱われる資材や商品を、必要な量を、必要な場所へ、必要なときに供給できるようにする。

適切な計画を立て、それに基づいて実施し、結果をチェックして評価を行う、ここまでが在庫管理の基本である。

入荷検品をしています。

在庫管理のメリットとは

・保管料や倉庫のスペースなどを無駄なく適切な金額や量だけ使うことで利益の圧迫を防ぐことができる。

・売れたのにも関わらず在庫がないといった事態を防ぐことができる。

・無駄な作業が減らせることで人件費の削減になる。

・生産性が向上する。

・「足りないかもしれない」といった曖昧な管理で増える「余剰在庫」を無くすことができる。

・欠品状態を作らず、先の需要予測もできる。

在庫の品質まで目が行き届き、品質が安定する。

在庫管理にはバーコードを用いることが多い。紙ベースで行う場合もあるがアナログでの管理には限界があり、ミスも起こりやすい。

バーコード管理には、簡単に持ち運びが可能なハンディーターミナルが用いられる。

また、WMSといった在庫管理システムを導入することで、費用は発生するもののより効率的な在庫管理をおこなうことが可能となる。

ロケ番号を棚やパレットにつける

株式会社低温では

冷凍・冷蔵の物流に特化した関西を拠点としております株式会社低温では、冷凍食品・冷蔵食品の在庫管理を行っております。

その在庫管理の業務で、特に重要な事は入荷業務と考えています。 入荷をおろそかにして他の業務をいくら正確に、念入りに行っても在庫過不足の発生、品質の向上は望めません。

基本の入荷管理を厳しくすることによって過不足、品質の問題の減少が容易になります。

例えば入荷時に全品の荷姿を確認して破損品の削除、伝票には指定の受領印を使用することにより(サイン不可)荷受けの有無のトラブルの削減等、様々な有効性があります。

在庫管理でのよくあるお悩み事

在庫の過不足が頻繁に発生していた。

・箱が変形していて出荷できず損失につながった。

株式会社低温を利用するメリット

株式会社低温では、在庫管理をシステムで管理する事により、在庫差異が極端に減少した。 在庫品の破損品の弁済について無駄な話し合いが減少した。などのお声を頂くようになりました。

~冷凍・冷蔵の物流専門会社~
在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!