ブログ

~冷凍・冷蔵の物流専門会社~  在庫管理・梱包・配送まで低温にお任せ!

 

物流改善でお困りのみなさん、今回は株式会社低温の改善実例をご紹介しま

【目次】

  1. MHとは
  2. 歩数を減らし作業時間の短縮
  3. まとめ

 

 1. MHとは

 

まず、「MH」という言葉をご存知でしょうか。
MHとは、Man(人)Hour(時間)の略称で、1日1人あたりの作業の生産性を表す指標です。
MHは「ピッキングした合計パック数÷(人数×時間)」で計算され、これを活用することで、その日の作業による生産性を可視化することが出来ます。

例えば、ある日のMHが1500の場合、1人1時間あたり1500パックをピッキングしていることになります。
このMHを指標とすることで、改善による結果が実際に目に見えて分かるようになり、作業内容の改善に役立てることが出来ます。

 

実際に株式会社低温ではこのMHを指標として、作業を改善し、生産性を向上することに成功しました。

 

 2. 歩数を減らし作業時間の短縮

 

生産性を向上させる為に出来ること、それはまず歩数を減らすことです。歩数を減らすことにより、無駄な動きが減り、作業時間の短縮に繋がります。
実例として、もともとは行ったり来たりしなければならなかった商品棚のロケーションを、一筆書きでピッキング出来るように改良し、作業中の歩数を削減したところ、MHが向上し、日々の作業の生産性を上げることが出来ました。


このように、MHには作業の改善に役立てる以外にも、作業に必要な人員の把握にも活用することが出来ます。例えば、その曜日のMHが平均よりも高く、人員が多かった場合、その曜日は人を減らしても作業が行えるということになります。逆にMHが平均を下回るような曜日があれば、そこに人員を補填するといった対応も可能です。
このようにMHによって必要な人員を把握することで、作業を円滑に進められ、なおかつ無駄な人件費を削減することが出来るのです。

 

 3. まとめ

 

・ルートを決め、歩数を削減!

・作業時間の短縮!

・無駄な人件費を削減!

以上のように、株式会社低温ではMHを活用し、日々の作業の効率化に努めています。
改めて業務内容を見つめ直すことで、無駄を省き、生産性をアップし、
これからも改善点を発見して、業務改善を行っていきたいと思います。